読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパブロ

アパレルメーカーで10数年勤務し現在フリーのファッションプランナーとして活動。アパレル業界とファッションに関して語るブログです。

アパレル業界はダサい!

  

正確にはダサい人とダサい会社が多い、です。

 

僕は以前、アパレルメーカーに勤めてました。

 

フリーになった今でも、「職業は?」と聞かれ「アパレル関係です。」と答える事があります。が、その度「かっこいい〜!」とか「おしゃれそう〜!」と言われる事にすごく抵抗があります。

 

同業者からも同様の話をよく聞きます。

 

アパレル業界は、そんなにキラキラしてません!

 

アパレル業界はそんなキラキラしてません。

ファーストクラスのような会社はごく一部です。

アパレル業界に興味のある学生さんは注意して下さい。

 

まずオフィスがダサい!

 

僕も学生の頃はもっとキラキラした世界を期待してました。

こんなんとかこんなんとか。

 

皆無です。

 

少なくても僕は行った事ありません。

 

そもそも洋服を扱ってるんで物が多いんです。そこに生地や付属やサンプルやらでデスク周りはひどいもんです。

 

また、アパレル業界のピークが20年以上前なので、昔からある会社は建物自体がボロい事が多いです。

 

 人もダサい! 

 

当然かもしれませんが、ファッションに興味の無い人が一定数居ます。

 

 ただ、その割合が高いです。

 

オシャレだなと思う人は100人に4人くらい。

 

特に川上の皆様は年配の方が多く、職人さんなのでオシャレを楽しんでらっしゃる方は少ないです。

 

逆に川下の方は感度の高い方が多いですね。販売員さんとか。

 

そうなると川中の話。メーカーの営業さんや小売店のバイヤーさんもダサい人、多いです。

 

 作業が地味!

 

見た目の話ではないですが、仕事内容が地味です。

 

僕は商品企画をメインにやってましたが、縫製仕様書の作成や製品の検品、付属の発注や数字の管理など黙々とこなす作業が多いです。

 

華やかなのは展示会と商品を考える段階くらい。

 

クリエイティブとはほど遠いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、僕の偏った情報と経験で綴ってみましたので、何かの参考になれば幸いです。

 

でわ!

 

よくわかるアパレル業界 (最新 業界の常識)

よくわかるアパレル業界 (最新 業界の常識)